こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

卒業



それぞれの

道を


それぞれが

進む時


自分は

自分の道を

あなたは

あなたの道を

決して後悔することなく

目の前の

現実を見据え

卒業しよう


それぞれの道を

前を向き

希望と夢を

掲げ

決して

憎しみや

苦しみに

とらわれることなく


迷わず

自分の目標へ

道を踏み外さず

新たなる幸せを

みつけるため

卒業していこう

関連記事

Comment

Re[1]:卒業(03/06)
itchannさん

卒業シーズンで卒業の歌を書きました。

子供が大きくなるのは早いですね。
2009.03.07 13:13 | URL | 氷の雫 #79D/WHSg [edit]
Re[1]:卒業(03/06)
2525pyontaさん

そうですね。どんな状況にあっても道を踏み外さないような人生でありたいですね。
2009.03.07 13:11 | URL | 氷の雫 #79D/WHSg [edit]
Re:卒業(03/06)
ウチは来年、お兄ちゃんが卒園。。。

今日は次年度の最上級生として、卒園式に行くようです。



年を取るはずですよね、どんどんこども達が大きくなっていくのですから(^_^;)



2009.03.07 08:43 | URL | itchann #79D/WHSg [edit]
Re:卒業(03/06)
こんばんは。



卒業式シーズンですね。立ち止まらず前を見て進みたいものです。



また、相田みつをさんの詩を紹介しますね。



「道」



歩くから

道になる

あるかなければ

草が生える



みつを



ときに道に迷ったり転んだりするのは、生きている証拠。草が生えるのだけは避けたいものですね。
2009.03.06 21:32 | URL | 2525pyonta #79D/WHSg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cocoronone.blog108.fc2.com/tb.php/75-d08852a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。