こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

愛想が尽きた日





君はいつも

僕を誘って

何処かへ

行っても


君は消えた

君の男好きもしり

悪気も無い事も

わかって

それなりに

折り合いをつけて

いたけれど

あんまり

つれない君に

僕はシカトした

僕は愛想もつかした


君は知ってるかい


17年の年月を

君の性格に

どんなに

自分の心の中で

折り合いをつけていたか・・


少しでも君は

悲しんでいるかな

それとも

次の都合のいい人を

捜しているかな


でも人の心は

物じゃないだろう

君に愛想が尽きた日

僕は君に合わす

解放感から抜け出せた



関連記事

Comment

Re[1]:愛想が尽きた日(03/10)
2525pyontaさん

そうですね。

だいぶ大きな器で受け止めていたのですが、何処かに期待があったのかもしれないですね。

応援ありがとうございます。

2009.03.10 22:46 | URL | 氷の雫 #79D/WHSg [edit]
Re:愛想が尽きた日(03/10)
こんばんは。



相手へ期待する思い(依存心)が強いと人間関係はぎくしゃくしてしまうのでしょうね。



ポチ応援です。
2009.03.10 22:30 | URL | 2525pyonta #79D/WHSg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cocoronone.blog108.fc2.com/tb.php/71-2dff3ba8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。