こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

こころのなかのふるさと

どんな姿に変わっても目を閉じれば

私のこころにふるさとは生きている

どんな姿に変わっても目を閉じれば

私のこころに思い出が生きている

あの日が夢ならば何度も何度もそう思った

私の命と引き換えにあの日が

いつもと変わらない日々になるなら

喜んで差し出しましょう

あの日は夢のような現実

私のこころには生きている

おせっかいなおばちゃんも

怒りっぽいおじちゃんも

優しいお母さんと厳しいお父さん

目を閉じればいつも生きている

賑やかな漁港も潮の匂いも

こころのなかで生きている

いつかきっと目を開ければふるさとが時を刻み

こころの中のふるさとが現実になるだろう
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。