こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

私の詩が生まれる時




こんにちは、ご無沙汰しています。なかなか訪問も出来ず詩もかけずの状態の中

嬉しくなるメッセージやコメント本当にありがとうございますm(__)m

更新もしていない状態にご訪問応援下さる方も本当にありがとうございます。

不思議なもので私の詩は穏やかな時も本当に苦しい時も書けません。

穏やかな日々の中に苦しい悩みが半分くらいになった時に生まれるような気がします。

苦しい中にも穏やかな安息の心や思いを抱いている時に生まれる気がします。

来月はアルファポリス出版さんの方でアート大賞があるそうなのでこのサイトも参加

しようかと思っています。詩はなかなか参加出来たり応募出来たりするチャンスが

少ないのも現実です。来月は今月より言葉を紡げますように。




関連記事

Comment

夏も過ぎましたね。
雫さんお久しぶりです。今年の夏は大丈夫でしたか?お陰でいまが涼しい秋になりましたね。僕自身は題名が先に浮かんで後付けで詩がついてきます。夏の疲れがでる頃ですから体調気を付けて下さい。地球さえ すてきな詩でここしばらくの気付きとシンクロしていて嬉しかったです。初めて携帯からコメントなのでとんちんかんなところがあったらすみません。また遊びにきまぁす。
2010.09.21 07:43 | URL | デデボン目出鯛猫♩ #- [edit]
わかるような気がします
「穏やかな日々の中に苦しい悩みが半分くらいになった時に生まれる」と仰るのはなんだかわかるような気がします。

だからこそ、氷の雫さんの詩は、穏やかな日常の中で何かで折れそうになった気持ちを支える処方箋であり続けられるのではないでしょうか。

逆に、どん底にいて、穏やかな日常など眩し過ぎて自分とは無関係な絵空事にしか見えなくなってしまったときにも、リアルな痛みを感じつつそれでもシャンとこうべをあげて穏やかな日常を生きる姿や気持ちは、より現実感のある心の支えになると思います。

あまり頻繁に更新なさらなくとも良いと思うのですよ。
折々、気持ちが向いたときだけで良いと思いますので、負担にならない範囲で素敵な詩を綴って下さると嬉しいです^^

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。