こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

餌をありがとう

優しいお爺さん餌をありがとう

毎日美味しい餌をありがとう

優しいお婆さん餌をありがとう

ひとりぼっちの私だったのに

一杯仲間が出来て

その上子供も出来て今は仲間が三十よ

でもこの前はお友達のミーちゃんが

子供を一杯生んだけれど何処かへつれてかれたの

それからね餌の箱に入った子達がどんどんいなくなったの

でもねお爺さんとが餌をくれたおかげで

また仲間と家族が増えたけど、また仲間と家族が減ったの

餌はね嬉しかったけど・・・・

もう

もう

家族と仲間が減るのは嫌なの

だから自分で餌を探すから

もう構わずそっと生きさせて


関連記事

Comment

猫の餌付けのこt
昨今
猫にまつわる人間の事件が多いですね
おっしゃるように
本来は優しい人なのでしょうけれど
2010.05.27 05:44 | URL | 狼皮のスイーツマン #- [edit]
少し気になる詩ですね・・・
どんな意味があるのか考えていまいました・・・

☆!
いつも感謝です。
婆ちゃん意地悪するの好きやねん==


2010.05.24 23:39 | URL | あきても #mQop/nM. [edit]
想い
この詩に感じるものがあります。深呼吸して、読み返しましたが、ここに置いてある想い、少し重いです。わたしのこころには。
2010.05.22 15:35 | URL | 招き猫 #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。