こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

あなたとわたしの君





ついついわたしだけの君と思う

君は


あなたとわたしで出来ている


君の頭を撫でると君の一本一本の


髪の毛さえとても愛おしい


ついついわたしだけの君と思う


君は

あなたとわたしだけでも生きられない


あなたも君もわたしも


自分達だけで生きられない


皆のがあなたと君とわたしのために


そして君の


これからの皆の為に輝く



関連記事

Comment

No title
最近、命にまつわる事件が多いよね。

人の命を殺める事、どんな理由があろうと許されないんですよね。
まして、虐待など自分本位に子供の命をもてあそぶ。

親に限らず、社会全体がそうなってきている。!!
子供の貧困問題!!なんて言葉が出来上がってるけど、よその国に支援金送って、自国の子供たちを見捨ててる。

今の親って、この国そのものって感じがしますね。!!
P☆(^_-)-☆
2010.02.13 11:32 | URL | 碧いイルカ #Wj4roGK. [edit]
Re: No title
> こんばんは^^
> 虐待する位なら生まないでくれと思ってしまいます。
>
> 生まれても虐待された記憶をずっと背負っていかなければならない、知らず知らずに大人の顔をうかがわなければならない。
>
> 虐待やいじめを受けた人間の苦しみは生涯続くのです・・関係ないと思ってみても消えないものが、拭えない感情がある。



そうですね。生む時は誰も虐待するつもりはないのでしょうが、子供にとっていい環境を与えてあげられるかどうかまで考えて産むっていう事も確かに大切ですね。

虐待やいじめはPTSDになりますよね。心の傷になるのに体の傷でしか裁かれない理不尽さがありますね。

今年は身近な人を大切にするをテーマに書いていきたいと思いますので又違う形で虐待やいじめについて書いていきますので是非読んでくれたら嬉しいです。

この詩はあいしている子供でも自分のものでもないという戒めの詩です。
2010.02.13 08:10 | URL | 氷の雫☆ #- [edit]
No title
こんばんは^^
虐待する位なら生まないでくれと思ってしまいます。

生まれても虐待された記憶をずっと背負っていかなければならない、知らず知らずに大人の顔をうかがわなければならない。

虐待やいじめを受けた人間の苦しみは生涯続くのです・・関係ないと思ってみても消えないものが、拭えない感情がある。

2010.02.12 20:07 | URL | 煉刹那 #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。