こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

雪の女王




私の当初のブログからおつきあいしている方は知っていると思いますが

私の詩の凍った心を溶かすという詩のコンセプトになったのが



韓国ドラマに興味ない方もいると思うのですが雪の女王という

韓国ドラマなんです。今日は久しぶりに雪の女王のOSTを聞いて

今日は雪の女王の事をブログに書こうと思いました。


生きるとは?


命とは?


色んな事を教えてくれる作品になっております。

その韓国ドラマのモチーフとなったのが

アンデルセン童話の雪の女王




ご存知の方も多いかなと思いますが・・


少し戻りますが韓国ドラマの雪の女王ここからネタばれもありますので

これから見る方は楽しみが半減してしまうかもわかりませんので読まない

で下さい。絶対見ないぞという方は読んでもらってもいいです(笑)


病弱でひねくれもののボラは色んな人に傍若無人な振る舞いをしているのですが

そんな時かつては天才数学者と期待されたテウンと運命の出逢いをします。

初めはボラの凍った心をテウンが溶かすストーリーなのかなと思うのですが

ラストに近づくに連れてボラがテウンの心も溶かしていました。

ボラは病気で亡くなるのですが色んな作品でヒロインが病気で亡くなるストーリーは

可哀そうで泣けてくる作品が多いのですが不思議とこの作品は違っていました。

最後までボラを生かそうとするテウン。ボラは自殺した方が楽になれると未遂事件も

起こした事もあるのですがテウンを愛する事によって最期はテウンととても優しい

緩やかな時間を過ごします・・・人生は誰と出逢うかの旅に思えます・・

ボラもテウンも自分の凍った心を溶かす人と出逢った事によって自分の人生が

確実に今までと違ったものになるのです。ボラが死んだ後にテウンはボラが

行きたいといっていたラップランドまで片道の飛行機のチケットを買います。

でもボラは知っていたんですね。自分が亡くなった後にテウンはどんな行動を

するか・・・ポケベルにテウン宛てにメッセージが残されています。

「生きて・・」

「生きて・・生き抜いて・・」

テウンはボラの言葉通り生きぬいて数学者になります。

愛する人の死をどうやって受け止めるか・・・

自分のしたい事と自分に向いている事とは違う・・・

心が癒される人との出逢いを大切に・・


色んな事を教えてくれます。私の言葉では語りきれる作品では

ありませんが見終わった後こんなに感動した話は私にとっては

後にも先にも(?)ないかもしれません・・・






※画像は著作権があるので楽天さんのアフリを貼らせてもらいました。

人気ブログランキングへ















関連記事

Comment

Re: ボラさん、こんにちは。
> 韓国ドラマいいですね。
> 僕も〝雪の女王〟はまりました。
> あと、〝夏の香り〟もよかったですね♪
>
> ドラマのように
> 今、みんなも携帯をやめて
> ポケベルにすればいいのにっと想う
> 今日この頃です。
>
> それでは、また。

初めまして~
携帯って安易な恋に走らすって事ありますよね。
韓国ではピッピってポケベルの事そういうんですね。
ボラはすごく素敵でしたよね。
四季シリーズで夏の香りだけはみていないので
是非見ますね(*^_^*)
2010.02.04 21:29 | URL | 氷の雫☆ #- [edit]
ボラさん、こんにちは。
韓国ドラマいいですね。
僕も〝雪の女王〟はまりました。
あと、〝夏の香り〟もよかったですね♪

ドラマのように
今、みんなも携帯をやめて
ポケベルにすればいいのにっと想う
今日この頃です。

それでは、また。
2010.02.04 16:52 | URL | 勇気の言葉 #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。