こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

サクラ色


川の堤のサクラが橋を挟んで向かい合わせに

何十本の桜の木がいつものように

美しく咲いたのにどうしたんだろう

サクラを見ても心には青く映っている

四季の美しさを感じる事も出来ずにたたずみながら

今年のサクラはいつもと違って悲しくなってしまう

サクラは春に咲くのに何故か今は極寒の地のように

美しいサクラを美しいと愛でて語り合う日もあったのにね

神様どうかお願い早く心に春を連れてきて今年のサクラが美しければ

美しい程に辛い心になってしまう

ひとりひとりの心を愛する家族のように思い涙を拭い去ったら

青いサクラの花ビラが年月を重ねて一本ずつ

元のサクラ色に変わりますか

ひとりひとりの心が、いつまでもこの悲しみを忘れずに

愛する家族のように思い生きるなら

今年のサクラの一枚のサクラの花びらから

一枚ずつ桜色に変わっていくでしょうか

(東北大震災の年の春にて)
スポンサーサイト

花を育てるように





花を育てるように子供を育てる


枯れないように水を与える


枯れないように愛を与える



花を育てるように恋や愛を育てる


綺麗な花を咲かせる為に肥料を与える


綺麗な恋の花を咲かせるように慈しみを与える


しっかり愛でて


しっかり草抜きをして


雨が降れば傘をさしてあげよう


それでも足りない時は私が楯になってあげよう


花も人も愛の輪廻


愛が無ければ輪廻は終わりを告げる


花を育てるように


今日もあなたは生きてますか?

あなたの花は




あなたのはまだ咲いていないから


年老いてもあきらめないで


あきらめたら夢も希望も消えるから


苦難に満ちただとしても


咲く前にあきらめいないで


どんなに苦しく悲しみに満ちただとしても


きっと何処かに乗り越えられるがある


だからあきらめないでを探して生きて


きっと


きっと


その時は眠りについていた



あなたの咲くはずだから




花が咲いた




花が咲いた

どこから飛んで来たのだろう

とても美しい花が咲いた

何も期待などしていなかったのに


赤く美しく咲く花


期待されなくてもいい思いを込めて


自分の花を咲かせられるようになる為に


今日も笑顔で笑ってみる

Category :

心の花(華)



花が溢れる家は

愛が溢れてる

その家の華が

見えるかのように



花が溢れる街並みは

そこに住み地域の人が

町を美しくしたいと想う

華の気持ちが溢れている


たかが花かもしれない

お腹が一杯になるものでもない

でも花は、


そこには心の華が


あるという事を


教えてくれている・・

Category :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。