こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

たかが紙切れだけど





私達の毎日はたかが

紙切れに支配されている

たかが紙切れを手にいれる為命をかけ働き

たかが紙切れを余分に手に入れたくて

一流と言われる学校や企業を目標に生きてきた


たかが紙切れを手に入れる為に

人の命を殺めたりする人もいる

たかが紙切れだけれど

人の命も救える

食べ物も買える

たかが紙切れだけれど

それは皆の心の涙と汗の結晶

心の血と命の時間の結晶

決して簡単に手に入れるものでない


スポンサーサイト

泥水を泳ぐ





ねえ、泥水を泳いでる

自分がつまらないなんて思わないで


一生懸命光に向かって

泳げば藻が生え

泥水が綺麗になって

いくかもしれない・・・


たとえ透明な水でも

毒をもっていて

あなたの泥水の方が

泳ぐのに素敵な場所かもしれない・・・


だから

投げやりにならず

自分のイケスの中を

一生懸命泳ぐ事を

考えればいい・・・

言葉で魔法をかけたら




言葉で魔法をかけたら

きっと素敵な人になる

きっと素敵な子供になる

賞賛すること

褒めたたえること

毎日・毎日

365日続けてごらん

100%変わるはず

もしも嫌な言葉

憎しみの言葉

傷つく言葉を

毎日・毎日

365日言ってみたら

どうなるか真剣に考えてみて

言葉で魔法をかけられる

言葉で魔法がかかる

皆が魔法使い

女に生まれて





女に生まれて一番嬉しかった事は

君たちを授かった事

女に生まれて一番悲しかった事は

子供を産み働く事が

まるで罪でも犯したような

情け容赦ない人の心

女に生まれて一番感動した事は

君が産声を上げたあの日の朝

女に生まれて一番の至福を味わったのは

小さな、ともし火のような君の命

背一杯生きようと乳房を懸命に吸う

君の愛おしさを感じた時

たとえ未来が凍るような日々でも

燃え尽きる日々でも君を産みおとした

幸せに勝る日々はなく男も女もなく

産み落とされる命の輝きに勝つものは何もない



夜の星空を見上げて




夜の星空を見上げて歩く時間は

あなたとの貴重な時間

きっと何十年かの後(のち)に

あなたと私が死で別れた時に

きっとそれは

とてもかけがえのない

瞬間だったって思うでしょう。

今この時間を

大切にして

大切にして

あなたと冬の美しい

夜空満点の星の世界を眺め

これからもその時まで

ゆっくりと歩いて行きましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。