こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

わたしの世界一のそら



いつまでもいつまでも


ふるさとのそら眺めて


いられると思った


虫をとったり花を摘んだり


何もない所だけれど


わたしのふるさとの空は


わたしの世界一のそら


果てしない夢もここから始まった


わたしの世界一のそら


今はひとりで寂しくないかい


離れていてもずっとずっとアイシテイル

わたしの世界一のそら

スポンサーサイト

青いそらから雪




青いそらから雪


とても美しいそらと雪


季節は巡って


もうすぐ美しい花びら


青いの下へ舞い散り


私の頬をかすめるでしょう



そのとき私は幸せでしょうか


じっと耐え忍んだ辛く悲しい怒りの世界から


私は雪解けののように過ごせるでしょうか


が嵐のような状態でも


そののてっぺんに青いを抱いていれば


何度凍える季節を通り過ぎたとしても


きっときっと私は幸せになるでしょう


青いをどんなときでも描ければ


きっときっとあなたも幸せになるでしょう









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。