こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

魔法の文字をつくりながら



恋が幼稚なように


夢も幼稚で


夢見て生きなくては


前を向いて歩けない


言葉という


魔法の言葉を作りながら


私は前を向いて歩く


言葉は時には毒を持つ


まだまだ上手く


使いこなせないけれども


私は癒しという魔法の文字を


作りながら


前を向いて歩く


意地悪が幼稚ように


皮肉も幼稚で


いつまで躓(つまず)いていても


私の夢ははかなく散るだけ


だから惑わせられないように


私は生きる道導の魔法の文字を


作りながら


前を向いて歩く

スポンサーサイト

究極の幸せ


自分にとって幸せとは家庭を手に入れる事だった・・・

自分の描いていた未来予想図通りになり

何をしたらいいのかわからなくなった。

若い時は興味がなかった政治の事も考え

世の中の憤りや怒りを少しでもかえたいと思った・・・

今年の変化・チェンジなどという言葉は


人の胸を踊らした・・・

でも何も変わらないと諦める事よりも

弱い力でもベストをつくしたくて

私は明日をみる究極の幸せとは

自分の事だけでなく

他の人が幸せになるように


未来を見つめ考えて

今、自分が何を出来るか

何をしたらいいのか考えて

その目標に向かってベストをつくすこと・・・

自分が選んだ道だから~(たら・れば)

人生に後悔はつきもの

あの時こうしていれば

その時こうだったら

何度も若い時は思ったけれど

後悔しないでいいという事に

年齢を重ねて、やっとわかってきた

その時、その時の私は

これが一番いいと選択してきたはずだから

だから「たら・れば」の世界はなく

自分が選んだ道だから

今、この時、この場所、この瞬間に

私がいること・あなたがいること

君がいるということ

決して一分の間違いもなく

決して後悔するものでもなく

これからも自分が選んだ道を後悔することなく

その時は最善だったと思っていこう



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。