こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

誰の命も・・






誰の命も輝く為に生まれてきた


誰の命も陰を落とすことも


誰の命も人に左右されず


命と心は同時に


一瞬一瞬輝きだす



迷わずに自分の命は悪夢にうなされる事もなく


柔らかな光と優しさを浴びながら


誰の命も未来へと輝かなくてはならない・・




スポンサーサイト

奇跡の命



泡になって消えてしまうなんて

言わないで

あなたを愛してくれている人がいる

この命は奇跡で出来ている


いくつものいくつもの

生まれたいと願った

泡の中からたったひとつだけ

奇跡の命としてこの世を見る事が

出来た奇跡の命


この命の代わりになる人もいない

たったひとつの奇跡の命


泡になる前に僕が必ず気付いてあげる

必ず君の心に光が差し込む・・

命の砂時計




命の砂時計残りは誰もわからない

もう今まで生きた倍は生きられないかもしれない

まだ今まで生きた倍以上生きられるかもしれない

なのに過去の傷ついた心や怒りの心に引きずられ

命の砂時計は一刻一刻と落ち続けているのに

無駄な時間に引きずられ大切な命の時を失くしていく


命の砂時計は誰もわからない

もしかしたら明日亡くなるかもしれないし

ひょっとすれば100年生きられるかもしれない

だから大切な人には優しく話して何がおこっても

悔やまないように刻一刻と落ちる砂時計の命の時を


大切に大切に生きられたら胸に刻んでみる

このいのちは



いつも考えていた人はどうして生きるのですか

天を仰いでみても答えなどみつけられるはずもなく

いつも考えていた人はどうして生きるのですか

あの日はじめて答えを見つけたの

悲しいという言葉だけで片づけらない

現実を通り越して気付いたの


このいのちは自分のものでなくて

誰もが誰かに愛してもらったから

いま生きているんだと


このいのちは自分のものでなく誰かを守りぬくために

いま生かされているんだと

君の命もあなたのこの命も多くの人に支えられて

このいのちは存在するのだから

君とあなたの未来はこのいのちで

誰かを守るために苦しくても辛くても

悲しくて哀しくても

このいのちで生き抜くんだ・・・


死にたくなっても




死にたくて死にたくて

たまらなくても

君の笑顔を見たくて生きている


死にたくても死にたくても

ここから飛び降りる勇気もなく生きている


死にたくても死にたくても

この瞬間を我慢したら

明日から違う日々になるかもしれない


死にたくても死にたくても

こんな私でも泣いてくれる人がいる

だから生きなくちゃ

大切な人を泣かすなんていけないから

生きていればいい事があるなんて

マヤカシの言葉は言わない

この命は母が命をかけて生み出してくれた命

自分の命は命がけの命

だから命をかけてくれた人のため生きなくちゃ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。