こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

凍った心




凍った心が溶けた

凍った心が溶けた

とても温かい人との出逢い


凍った心がふたたび

ふたたび凍ってしまった


もう傷つくのは怖いから

誰ともかかわらず過ごしたほうが

楽かもしれないけれど

凍った心は溶けるはずもない


人との関わりの中で凍った

溶けたりするのだから


凍った心はまだ解凍出来るよ

まだ間に合うよきっと

きっとね大丈夫だよね・・・








スポンサーサイト

氷の上を歩く




氷の上を裸足で歩いていると

そのうち足の裏が血に染まるだろう

そうやって私は生きていたのかもしれない


だから痛々しい心が

君には伝わったんだね

だから苦労に思った心を

あなたは見抜いてしまったんだね

それでもいい

それがいいんだよ

私の足の裏が血に染まろうが

それが私の生きたい生き方

それが私の行きたい未来


いつかきっと裸足でも

大丈夫な草原を裸足で走るのだから

天使になって




天使になって

あなたの瞳に映る闇の夜空と儚い星は

漆黒の安堵を感じる空と

何万光年先から届く輝きだよって教えてあげる


天使になって

あなたの心が闇で閉ざされそうになったら

あなたの悲しみや辛さを私の心で受けとって

やがて私の悲しみと苦しみになり

私の涙のしずくがあなたの心の底に落ち

あなたの心の砂漠がオアシスになるように

少しでも癒されるように祈りと涙を捧げよう


そしてあなたは決して一人なんかじゃない

周りを見まわしてごらん決して孤独ではないのよ

あなたの為に天使になりたくても

あなたが悲鳴をあげなくてはわからないから

あなたが涙を流さなくてはわからないから

死にたい程苦しい時はしっかり助けを呼んで

天使になって私はあなたと一緒に涙のしずくを流してあげる


氷の雫・2



今日の朝見た

凍った霜柱は

とても綺麗に輝いていた・・

こんなに綺麗なものなんて・・

始めて気がついた・・

凍った心が

溶けていかなくては

ならないなんて

誰が言ったのだろう


こんなに凛として

一瞬の輝きに

その命を捧げている


凍ったままでも

とても綺麗なんだ

凍ったままでも

それが一つの風景と同じで

美しいのかもしれない・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。