こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

理不尽







この世は理不尽があふれていて


それが幾ら酷い事でも


大きな力に負けて人々は苦しみもがく


理不尽は許せないことだけれども


それでも忘れなければ前へ進めない


記憶の片隅において


ゆるせなくていい


ただ心の片隅において


負けて進んでいこう


そして


私は理不尽に感謝さえしよう


そこから


私のうたが生まれる






スポンサーサイト

生きてるんだ!



空気がおいしい

空気がおいしい


それさえも感じず

それさえも感謝せず


かつて

ずりばいをしていた赤子に教えてもらった


空気がおいしい

空気がおいしい


私は生きているんだ

今日は命がある


おいしい空気がすえる

それだけで

それだけで

しあわせなんだ


by・・空気が美味しい故郷に感謝




三角錐



ほら君の見ている事は水色かい


ほらあなたの見ている事は赤色かい


ほら違う人がみると


それは黒色かもしれない


もっと違う人が


てっぺんからみると


それは


表現できない色で光る三角錐に似た色が

煌めいて色んな色彩を放っているかもしれない


だから

ちゃんとみて

ちゃんとみきわめて

そうしながら

そっと確かめて

大切な事を見落とさないで



月夜



あなたの道は月が隠れて

きっと今だけしか見えない


漆黒の闇夜だとしても

五感で感じて見て


時折光が差して

あなたが掴もうとすれば

得られる事がある


あなたの道は苦しくて

もがいてももがいても

一杯で消えてしまいたい程

苦しいかもしれない


私はあなたの心に寄り添うだけで

何も出来ないけれど


あなたの道が明かりを灯さなくても見える

月夜の日まで何年かかろうと見守っていく

プライド



プライドを捨てるなんて

勇気がいるかもしれない


プライドを捨てるなんて

死を選びたい人もいるかもしれない

でも

プライドを脱いで

思いっきり素直になってみてごらん

目の前に新しい草原が広がるから


きっとプライドを捨てる事は

一番かっこいいプライドかもしれないね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。