こころのね
平和と愛をベースに日々の気付きを詩で綴っています。凍った心を溶かすがコンセプトです☆

慈しむ心




子供を慈しむ心


地域を慈しむ心


親を慈しむ心


自分はあると思っていた・・


でも


自分を守れてこそ


人を慈しむ事が


出来るんだ


私はどうだろう


そこまで心が成長する事が


出来ずにあがき苦しんでいる



自分を慈しむ事って


何から始めればいいのだろう


それさえもわからず


毎日に追われ過ぎてゆく・・


スポンサーサイト

防波堤2(澄み渡る心)




曇り行く社会の荒波を


器用に泳ぐ人間


不器用に泳ぐ人間


能力がないのに


器用に泳ぐ人間



能力があっても


不器用にしか泳げない人間



不器用でもいい


間違ってる事は


間違ってると


主張し


人を助け


仲間を助け



器用に権力者に


ご機嫌とりしている


人間よりも


不器用でも困った時に前へ


立ちはだかってくれる


澄み渡る心の


あなたが好き

防波堤




あなたはいつも


防波堤になってくれた


権力のある人からも


困った時に私達の前へ


防波堤になってくれた


私達の帰りが遅いと


暗闇の中心配して


待っていてくれた


時には人生の先輩として


心に花を咲かせてくれた


弱きものの防波堤に


なってくれた


権力あるものからの


圧力がかからないか



私達は心配していた


でも着実にあなたの


空の上に星の金貨が


降っているのをみて


安心した・・


神様は、いるのね・・


そんなあなたを


心から尊敬している・・


守ってくれてる?



あなたは私を


守ってくれている?


私を楯にしていない?


本当に守ってくれている?



苦手な事は知らんふりかな・・


誰でも口は上手に言える


本当に守るという事は


自分の命をかけるんだよ



「守る」は気安く言う


言葉じゃない・・・

一番大事(守る心)




だれかを大事にする


だれかを思いやる


そういう心が


一番大事


だれかの背景を考える


だれかの気持になる


だれかを尊ぶ心



そういう心が


一番大事



もし



戦いが



ゆるされていると



したら



一番大事な人を



守るとき






だれかの前に


立ちふさがる


そういう心が


一番大事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。